• HOME
  • 車検
  • 法定1年定期点検
  • 安心快適点検
  • 初回無料点検
  • オイル交換
  • 交換部品
  • エンジンがかからない
  • オイル漏れ
  • パンクした場合
  • 警告灯が点灯した
  • 事故をした
  • 自動車保険
  • OBD点検
  • てんけん安心見舞金
  • お客様レビュー
  • 会社案内

OBD点検のご案内

OBD

OBD点検とは

簡単に言えば「故障診断ツールで点検」です

ホンダカーズ浪速西では、国土交通省により2021年10月1日より1年ごとの定期点検の点検項目にOBD点検の実施が追加されたことを踏まえて、1年ごとの定期点検時ならびにお車の状態確認を目的として半年ごとの定期点検時にもOBD点検を実施いたします

OBDとは

OBDとは車載式故障診断装置(On-Board Diagnostics)の略称で、車両に搭載される装置であって、故障を検知し、警報装置によって故障の発生を知らせ、エンジンその他の電子制御装置内の記録装置に記録された情報によって故障発生時の装置の作動状態を特定する機能を有する装置です

OBD点検とは

これまでの定期点検項目は、各構造装置の摩耗や劣化、損傷といった、外観を点検する項目が主だったが、自動車の各構造装置で電子的に制御されるものが増えていて、原動機、制動装置、アンチロック・ブレーキシステム、エアバッグ等に係る電子制御装置の機能の確認が定期点検項目に追加されました。

具体的には、OBD に記録されている、電子制御装置に故障がないか等の診断結果を、スキャンツールや識別表示を用いて点検します

スキャンツールとは

スキャンツールは自動車の各装置の目視では分からない情報を入手できる診断ツールのことです

    スキャンツールで診断できる代表的な装置

  • エンジン点火装置
  • エンジン燃料装置
  • エンジン吸気装置
  • エンジン冷却装置
  • エンジン排気装置
  • ミッション変速装置
  • ミッション断続装置
  • パワーステアリング装置
  • ABS装置
  • ブレーキアシスト装置
  • エアバッグ展開装置
  • など

OBD

OBD点検の方法

<スキャンツールを用いた点検方法>
スキャンツールの接続部を車載式故障診断装置と接続し、車載式故障診断装置の診断の結果を読み取ることにより点検します。

<識別表示を用いた点検方法>
イグニッション電源をオンにした状態で診断の対象となる識別表示が点灯することを確認し、原動機を始動させます。そして、診断の対象となる識別表示が点灯または点滅し続けないかを目視により点検します。

OBD検査とは

OBD検査は、車検時にOBD点検を行い、その際に特定のエラーコードの表示がないか確認する検査のことです。
もしOBD検査の結果、特定のエラーコードが確認された場合は車検が不適合となり、そのコードに適合する装置の修理や交換が必要になります
このOBD検査の開始時期は、国産車の場合は2021年10月以降の新型車が対象となって2024年10月から検査が開始され、輸入車の場合は2022年10月以降の新型車が対象として2025年10月から検査が開始されます

以上でOBD点検の説明となります

エラーコードがあると車検が通らなくなる点を覚えておく必要がありそうです

OBD点検費用

通常OBD点検料:4,400円
定期点検・車検時:2,200円
※車検・法定1年定期点検・安心快適点検の費用にはOBD点検費用が含まれています。

当店はココにあります

TEL:0120-960-567

Honda Cars 浪速西 九条店

TEL:0120-960-567

〒550-0027

大阪府大阪市西区九条1-23-17

株式会社薮内モータース

営業時間:9:00~18:00/日祝10:00~18:00

定休日 :年末年始・ゴールデンウィーク・お盆

整備受入:屋外駐車場21台完備-保管場所100台


OBD点検予約
TEL:0120-960-567

ご予約を受付しておりますので送信してください
※ご予約をお受けできない場合や、ご予約の内容が不鮮明な場合、当店の営業時間内に当店スタッフより、ご連絡させていただくことがあります